FU101152

9,900円(本体9,000円、税900円)

在庫
購入数

後妻打ち柄半幅帯 
後妻打ち(うわなりうち)とは、日本の中世から江戸時代にかけて行われた風習のこと。
夫がそれまでの妻を離縁して後妻と結婚するとき、
先妻が予告した上で後妻の家を襲うというものである。

ウィキメディアコモンズのこちらの画像を引用させて頂きました。

しっかりしたちょっと厚手の綿オックス生地を使用しています。
オールシーズンご利用頂けます。
長さ 約3.9〜4m 幅 16センチ

男性用角帯もお仕立て承ります。 一番下の画像が角帯です。


[お待ち頂かなくてもお買い求めいただける商品一覧]

即納品ページはこちら

amazonプライムページはこちら

#ゴフクヤサン1点も売れてないシリーズ

カテゴリーから探す

コンテンツを見る